ショップリード文

 「小島陽介を愉しむ 於 乃木坂しん」

【期日】
5月19日(土) 20日(日) 21日(月) 
・ギャラリー:12:00~22:00 
・お食事(各日):12:30~、18:00~、20:30~

【お食事 詳細】 
要ご予約
お一人様 12,000円(税・サービス料10%別)
お飲み物代金は含まれておりません。当日ご注文下さいませ。
各回 カウンター6席のみ 
当日キャンセルのみ、お料理代金の100%をいただきます。 
ドレスコード:スマートカジュアル。

※お食事会にご参加されない方でも店内ギャラリーはご自由にご内覧いただけます。
※ご予約は乃木坂しん・とべとべくさ どちらでも承っております。

乃木坂しん
〒107-0052 東京都港区赤坂8丁目11−19
https://www.nogi-s.com

ご好評をいただいております乃木坂しん×若手陶芸家の共同企画。三回目となる今回は伊賀の小島陽介氏を迎え開催いたします。
茶陶の地 伊賀に窯を構える氏は、地元伊賀の土を穴窯で焼き締めた伝統的な伊賀焼や、力強い造形力を活かした独自の唐津・高麗を中心に作陶されています。陶芸の道へ入る前に日本料理を学んでいた氏の器は、作品そのものの存在感を保ちながら料理の美しさを最大限に引き立て使い手を魅了します。
対するは開店から2017、2018年と二年連続でミシュランガイド東京で一つ星を獲得した乃木坂しん店主 石田伸二。本企画の為、作家の思うままに制作された器に、本企画限定の劇的なメニューでご提供いたします。

今回も各回カウンター六席のみ。是非、お愉しみください。

※本期間中、乃木坂しん内の別室を特設ギャラリーとし、小島氏の作品を展示販売いたします。小島氏は全日ご在廊予定です。



「小島陽介 伊賀・銀彩展 於 浅草とべとべくさ」

5月26日(土)〜6月3日(日)
12:00〜19:00
期間中無休
作家在廊日:26日〜28日

こちらも今回で三回目となる、浅草 やきものギャラリーとべとべくさでの小島陽介 陶展。
伊賀・唐津・高麗と幅広く展開されていますが、今回は伊賀の銀彩をたっぷりご出品いただきます。
焼き締め陶の銀彩は、あの魯山人さんがイマイチだった焼けの作品に銀を焼き付けたことから始まった技法です。
小島さんにも1年近くかけて作り貯めていただきました。
この銀色、真面目に「銀」を使わなくても出せるのですが、氏は「銀」を使うことに拘ります。発色も質感も格段に良いからです。
伊賀の粗い土の質感と落ち着いた輝きが何とも言えない品を醸します。
氏らしさ(と私が思っている)である力強さとギリギリまで攻める造形バランスが生む心地よさを持った茶器・花器・酒器・食器が揃います。

是非、ご高覧ください。

ギャラリ- とべとべくさ
東京都台東区西浅草2-7-1
090-2526-9940
※ウェブ展覧会開催予定
DM掲載作品の先行予約承ります。